TOP > 積算総合情報

積算総合情報

積算総合情報

施工パッケージ積算支援室

国土交通省では、新たな積算方式として「施工パッケージ型積算方式」を土木工事において試行導入することになりました。当会では『施工パッケージ積算支援室』を新設し、「施工パッケージ型積算方式」の研究ならびに積算に関わる皆様方の支援を行ってまいります。

施工パッケージ積算支援室新着情報

2018.04.02
「平成30年度(4月版)工事工種体系ツリー」が公表されました
2018.03.30
「空港土木工事における代表材料規格の基準単価作成方法について(H30.04適用)」が公表されました
2018.03.30
「施工パッケージ型積算方式標準単価表 空港(H30.04適用)」(国交省)が公表されました
2018.03.30
「港湾工事における代表材料規格の基準単価作成方法について(H30.04適用)」が公表されました
2018.03.30
「施工パッケージ型積算方式標準単価表 港湾(H30.04適用)」(国交省)が公表されました
2018.03.30
「東日本大震災の被災地で適用する施工パッケージ型積算方式標準単価表 港湾(H30.04適用)」が公表されました
2018.03.23
「代表材料規格の基準単価作成方法について(H30.04適用)」が公表されました
2018.03.23
「施工パッケージ型積算方式標準単価表①(H30.04適用)」(国交省)が公表されました
2018.03.23
「施工パッケージ型積算方式標準単価表②(H30.04適用)」(国交省)が公表されました
2018.03.23
「東日本大震災の被災地で適用する施工パッケージ型積算方式標準単価表①(H30.04適用)」が公表されました

維持改修調査推進室

道路、橋梁、トンネル、ダム、上下水道、港湾、学校など高度経済成長期につくられた公共施設・インフラの維持改修が喫緊の課題となっています。
また、老朽化対策や長寿命化計画等に伴う維持改修工事が推進されるなか、地方公共団体等の技術者不足、施工や積算における情報不足などの不安も指摘されています。
このため、当会では「維持改修調査推進室」を新設し、維持改修工事の積算等に関わる支援を積極的に行ってまいります。

維持改修調査推進室新着情報

2018.06.14
「平成30年度版 建設物価 推進工事用機械器具等基礎価格表」を発刊しました。管路更正工法の機械器具についても掲載されています
2018.06.08
「橋梁補修の解説と積算等講習会」の申込み受付を開始しました。今年度は那覇、盛岡、さいたま、広島の4都市で開催されます
2018.06.05
土木学会より「2018インフラ健康診断書(試行版)」が公表されました
2018.05.28
「平成30年度版 国土交通省土木工事積算基準」を発刊しました
2018.05.18
「土木コスト情報」土木工事標準単価の週休2日補正の閲覧サービスを開始しました

建築工事のコストプランニングデータ

 「見積り実例による建築工事のコストプランニングデータ」は、“見積り実例”と“コスト分析”により構成されています。
 “見積り実例”では、実例建築物の工事費内訳書をベースに当会の運用基準に基づき部分別・工種別に作成した工事費見積内訳書を毎号1例ずつ掲載しております。
 また、過去に取り上げた“見積り実例”の部分別金額を分析し、最新時点に修正した概算価格情報を“コスト分析”として掲載しております。

  • 他の書籍を建設物価BOOK STOREで見る

PAGETOP