建設機械・仮設資材賃貸料金指数 利用の手引き


建設機械・仮設資材賃貸料金指数  利用の手引き


(注)詳しくは、「建設navi」建設経済情報のサイトの「建設物価指数月報」の解説記事をご参照ください。


1.建設機械・仮設資材賃貸料金指数の性格

  建設機械・仮設資材賃貸料金指数は、「建設資材物価指数」が建設工事に直接使用される「モノ」資材に限定して作成されているのに対し、建設工 事の現場で提供される、建設機械・仮設資材の賃貸料金を指数化したものです。

2.指数の種類

 指数には、時系列指数と都市間格差指数があり、次のような構成となっています。
(1)時系列指数
  時系列指数は、月別に東京都区部以下10都市について、固定ウエイトにより大分類別に算出しています。


(2)都市間格差指数
  東京=100として主要10都市間の料金格差を表す指数です。全国ウエイトによるラスパイレス式により年1回、年 平均指数として算出しています。
建設機械・仮設資材賃貸料金 都市間格差指数 -  建設機械・仮設資材賃貸料金格差指数

3.指数の分類

(1)指数分類   指数の分類は、国土交通省が実施している「建設関連業の動態調査(建設機械器具リース業等)」に準拠しています。
  すなわち、建設機械と主に土木工事に使用される重仮設材、主に建築工事に使用される軽仮設材を大分類とする、以 下のような構成となっています。


※図中の数字は、分類又は品目数を示す。
(2)品目及び規格・銘柄の選定
  品目等の選定は、各類に属する各種資材のうち重要度が高く、かつ価格の変動が類を代表できる1品目1規格の23 品目としました。

4.指数の計算式

  指数の計算は「基準時金額加重算術平均法 (ラスパイレス型) 」によって算出しています。

5.使用データ

(1)ウエイト
  ウエイトは、下記によって作成しており、都市別指数に共通して用いられています。
①大分類のウエイト
  国土交通省が実施している「建設関連業の動態調査(建設機械器具リース業等)」の2011年(平成23年)3部門別(建設 機械器具リース業、重仮設リース業、軽仮設リース業)賃貸売上高をウエイトとしています。

  大分類   ウエイト(1万分比)
  建設機械器具リース業   5,835
  重 仮 設 リ ー ス 業   1,062
  軽 仮 設 リ ー ス 業   3,103
  合 計   10,000

②中分類及び品目ウエイト
  品目別年間稼働量から推計した品目別賃貸売上高をウエイトとしています。
(2)価 格
  価格データは、当調査会調査による建設機械賃貸料金、仮設鋼材賃貸料金、仮設資材賃貸料金(月刊「建設物価」掲 載価格)を用いています (消費税を含まない価格です) 。

6.指数作成地域

  指数を作成している都市は、次の10都市です。
東京、大阪、名古屋、福岡、那覇、広島、高松、新潟、仙台、札幌
(東京は関東、大阪は近畿、名古屋は中部、福岡は九州、那覇は沖縄、広島は中国、高松は四国、新潟は北陸、仙 台は東北、札幌は北海道の掲載価格を使用して算出しています。なお、重仮設材の那覇、札幌以外の都市、軽仮設材の札 幌以外の都市は全国価格を使用して算出しています。)

7.基準時

  指数の基準時及びウエイト時は、いずれも2011年(平成23年)です。なお、基準時価格は、2011年1月~12月の単 純平均です。

8.建設機械・仮設資材賃貸料金指数 指数体系及びウエイト(一万分比 )

   大分類      中分類           品目 
1.建設機械
(5,835)
 1.土工機械
(3,242)
 1.ブ ル ド ー ザ(54)
 2.トラクタショベル(車輪式)(82)
 3.トラクタショベル(履帯式)(56)
  4.ショベル系掘削機(油圧式)(3,050)
2.運搬機械
( 672)
1.クレーン(クレーン付きトラックを含む)(554)
2.不 整 地 運 搬 車(68)
 3.フォークリフト(50)
 3.基礎工事用機械
( 2)
 1.振動パイルドライバ (2)
 4.整地・転圧機械
( 195)
1.モータグレーダ(26)  
2.ローラ(搭乗式)(169)
5.その他
(1,724)
1.高所作業車(自走式)(1,074)
2.大型発動発電機(15kW以上)(527)
 3.大型コンプレッサ(15kW以上)(124)
2.重仮設材
(1,062)
 1.重仮設材
(1,062)
 1. 鋼 矢 板(392)
2. H 形 鋼(169)
 3.鋼 製 山 留(287)
 4. 覆 工 板(214)
3.軽仮設材
(3,103)
  2.軽仮設材
(3,103)
 1.枠 組 足 場(947)
2.鋼 製 型 枠(36)
3.丸 角 部 材(1,163)
 4.長 尺 足 場 材 (507)
 5.支 保 工 部 材(412)
 6.養 生 部 材(39)
(注)( )内のの数字は、ウェイト(一万分比)。
ウェイトは四捨五入しているため、加算しても上位類のウエイトと必ずしも一致しない。


9.接続指数

  平成23年(2011年)基準建設機械・仮設資材賃貸料金指数は平成23年(2011年)以降を指数として作成しており、2010年以前の指数については、旧基準(1995年基準指数、2000年基準指数、 2005年基準指数)の指数系列を2011年を100とする指数に換算した接続指数(「平成23年(2011年)基準建設機械・仮設資材賃貸料金接続指数」)を作成しております。この新・旧指数の接続は、各基準年を100とする指数を次の基準年に当たる年の年平均指数で除するという作業を繰り返すことにより行っております。
平成23年(2011年)基準建設機械・仮設資材賃貸料金接続指数は、東京都区部の総合指数、建設機械指数、重仮設材指数、軽仮設材指数について、1995年までの指数を 公表しております。
  なお、建設機械・仮設資材賃貸料金指数については基準時改定ごとにその内容の見直しを行っております。したがって、長期の時系列指数として接続指数をご利用される場合はこのことにご留意されるようお願いいたします。






一般財団法人建設物価調査会 〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町11番8号(フジスタービル日本橋)