TOP > 建設FAQ > 標準施工単価

標準施工単価

共通仮設工事(仮設建物)

Q管理事務所や現場事務所の単位は「m2」ですが、どの部分の面積で計上すればよいのですか。

A

延床面積です。1F・2Fともに50m2の事務所であれば、100m2で計上します。

直接仮設工事(養生・清掃・片付け)

Q部分養生について、床養生の備考欄に、「~ベニア等による養生」とありますが、ベニアの厚さはどの程度のものですか。

A

ベニアは、厚2.0~2.5mm程度のものを想定しています。

Qガラスクリーニングとサッシクリーニングの考え方について教えてください。

A

ガラスクリーニングはガラスのみ清掃、サッシクリーニングはガラスも含めた清掃です。共に積算は開口面積にて行います。サッシクリーニングを計上すれば、サッシもガラスもクリーニングする価格となります。

直接仮設工事(外部足場

Q枠組本足場には、足場と躯体の間に張るネットの費用は含まれていますか。

A

含まれていません。建設物価掲載の水平安全ネットを別途計上する必要があります。

Q枠組本足場(手すり先行方式)の階段は何カ所想定しているか?

A

本誌の想定は単純形状の建築物としています。
4面足場を掛ける場合、長手側に1か所づつ合計2カ所以上。
最大でも4面4カ所程度としています。

直接仮設工事(災害防止施設)

Q災害防止施設について、防音シート張りで、防音シートの厚みは何mmを想定しているのでしょか。

A

厚1.0mmの防音シートを想定しています。

鉄骨工事

Q超音波探傷試験の中身について教えてください。また、パス間温度管理とはどういったものですか。

A

超音波探傷試験には自社検査と第三者検査があります。自社検査はファブリケータ内の有資格者が超音波探傷検査を行い、柱の内部にある有害な傷の有無を調べるものです。第三者検査は、社外から専門検査員が派遣され、厳正なチェックを受け合格証が発行されるものです。掲載価格は前者のものとなります。パス間温度管理とは、パス間(溶接と次の溶接の間)温度を温度チョークで確認するもので、パス間温度には「350℃以下」といった規定があります。

Q現場工事費のなかの「現場検収立会費」とは、どの様な作業に対する金額なのですか。

A

現場検収立会費とは、合番作業(ある工事をする際、間接的に関係のある職種の人間が施工時に立ち会う事)を指します。

Q第三者検査立会い費とはどういったものでしょうか。

A

検査を受ける工場側の立会い費のことで、基本的には、工場内での段取り等の人工(人件費)のことです。第三者機関による第三者検査(外観検査や超音波探傷検査等)は含んでいません。

Q現場工事費の「特殊高力ボルト本締め」について、単位の「t」は何を表しているのですか。

A

鉄骨本体の質量を表しており、 高力ボルトの質量ではありません。

溶融亜鉛めっき

Qめっき前の下処理は含んでいますか。

A

一般的な下処理であれば含んでいます。

ALC板工事

Q場内小運搬の想定距離があれば教えてください。

A

重量物のため、30~50mが目安となります。

防水工事

Qシート防水について、掲載価格は、立上がり部に適用可能でしょうか。

A

掲載価格は、平場(平部)の価格です。立上がり部には適用でません。

Qシート防水について、掲載している「S-M1」は、非歩行、軽歩行のどちらでしょうか。 また、副資材はどこまで含んでいますか。

A

非歩行です。副資材はルーフィングシートの固定金具で、掲載価格に含んでいます。

タイル工事

Q「目地詰め手間」に伸縮目地の価格は含まれているか?

A

モルタルの目地詰めは含まれていますが、伸縮調整目地の施工(シーリング)は含まれていません。
(伸縮調整目地については、タイル工事業者ではなく、シーリング業者が行います。)

金属工事(軽量鉄骨下地・天井)

Q軽量鉄骨天井下地にはどのような部材が含まれるのでしょうか。

A

「金属工事(軽量鉄骨下地)」の「図-2」に記載のある部材全てを含みます。「図-2」に記載のない部材は含みません。

Q「解体・はつり工事」の「部分解体 天井」との違いは何でしょうか。

A

「金属工事(軽量鉄骨下地)」は軽鉄下地、「解体・はつり工事」の「部分解体 天井」は木製下地であり、構成材の違いとなります。

金属工事(タラップ,雑工事)

Q階段手すりのスチールメッキ仕上げについて、屋内・屋外の限定条件はありますか。

A

掲載の「階段手すり スチールメッキ仕上げ」は製作物で、屋内・屋外の限定条件はありません。

Q壁付き手すりについて、ブラケットの材質とアンカー径を教えてください。

A

ブラケット材質については、ビニル4品目はアルミニウム押出形材。ステンレス2品目は、本体と同じステンレス。スチール4品目は、本体と同じスチールとなります。アンカー径については、指定はありません。

Q階段手すりのスチールメッキ仕上げは、「亜鉛めっき」、「電気めっき」どちらでしょうか。

A

メッキ仕上げは、「亜鉛めっき」です。

左官工事

Q「壁 コンクリート面打放し面補修 部分補修」について 掲載価格は、不陸部分を含めた壁面積1m2当たりの価格でしょうか。それとも不陸部分だけを計上したm2当たりの価格でしょうか。

A

掲載価格は、不陸部分だけを計上したm2当たりの価格です。

Q木製目地入れとは床に使用するものでしょうか、壁に使用するものでしょうか。

A

木製目地入れは、床、壁どちらでも使用可能です。用途は、躯体の上にモルタル塗りを施した際のモルタル塗り部分のクラック防止です。型枠工事に取り付ける躯体の目地棒入れとは異なります。

金属製建具工事

Q施工規模200m2とはどの部位を表しているのでしょうか。また、どのような施工条件なのでしょうか。

A

開口面積で200m2としています。建具の施工条件は、連続施工を前提としています。

シャッター工事

Qスチールオーバーヘッドドアにはレールを含みますか。また、材質は何でしょうか。

A

レールを含みます。材質はスチールです。

Qオーバーヘッドドアのなかで、~式と記載のない項目はバランス式ですか。

A

バランス式です。

塗装工事

Q塗装工事の解説にある「塗装種別略号及び本誌掲載下地」表中の「耐候性塗料DP」について、塗料の種類を教えてください。

A

JISK5656とJISK5658とを統合して建築用耐候性の規格とし、耐候性の高い順に1級、2級、3級としています。
1級がJISK5658の耐候性レベル、3級がJISK5656の耐候性レベルとなっており、1級:フッ素系、2級:アクリル系、3級:ポリウレタン系の3種類があります。
建築コスト情報には、表下の注記にあるように、フッ素系の材料を使用した場合の価格を掲載しています。

Q施工規模は、塗装仕上面積300㎡程度とする(細幅物、建具塗装を除く)という記載の「細幅物、建具塗装を除く」とは、細幅物、建具塗装は300㎡ではなくてよいということか?

A

その通りです。塗装仕上面積が300㎡程度あれば、細幅、建具が300㎡ある必要はありません。

内装工事(フローリング張り工事)

Q「大型積層フローリング 特殊張り かば 厚18×300×1800mm」の製品仕様(表層厚)について教えて下さい。

A

掲載(板厚18mm)のなら、かば共に表面材厚は6mmが標準です。

内装工事(畳敷き)

Q「新畳 2級品 綿引」は、稲わらですか、建材ですか。

A

規格仕様内の「床 JIS 2級品」はWR-2という稲わらの畳床を指します。

Q建材畳の大きさを教えてください。 (いわゆる江戸間、京間、本間といろいろあるなかでどれに該当するのでしょうか。)

A

掲載の建材畳は、畳表を「JAS 3種」としています。JAS 3種は江戸間(=関東間)にあたり、JIS規格では「88W」に該当します。
なおJAS 1種は京間サイズでJIS規格は「95W」、JAS 2種は中京間サイズでJIS規格は「91W」に該当します。

内装工事(12~14)壁・天井(1~3)

Q使用するビニルクロスは不燃でしょうか。

A

「量産品」:準不燃。
「中級品」:不燃。
「エコクロス」:準不燃以上。メーカーにより異なり必ずしも不燃とは言えません。

Q点検口の取り付けについて、価格の中に落下防止ワイヤーも含まれているのか。

A

含まれていません。

内装工事(9) 集合住宅用床下地

Q乾式二重床の下地合板別途となっているがどういうことか。

A

支持脚の上のパーティクルボードまでは価格に含みますが、フローリングなどの仕上げ材とパーティクルボードの間の捨て張りは含まれていません。

Q乾式二重床の際根太の価格も含んでいるのか。

A

含まれていません。木工事の際根太を参照願います。

構内舗装工事

QL型側溝 、V型側溝、 街きょ、コンクリート縁石、U型側溝に根切は含んでいますか?

A

根切は含みません。

Q車道部アスファルト舗装の掲載価格を、合材部分と路盤部分に分けることはできますか。

A

掲載価格を、合材部分と路盤部分に分けることはできません。

解体・はつり工事

Q「表-3 単位当たりのコンクリート及び鋼材量」に関して、コンクリート量は基礎を含んでいますか。

A

コンクリート量は基礎を含んでいます。

QRC・SRC・S造建物基礎解体に根切・埋戻し作業は含まれますか。

A

基礎解体を行う上で、作業上邪魔な基礎外周の土砂を取り除く手間及び取り除いた土砂を埋戻す費用は含まれています。ただし、オープンカット工法のような大掛りな根切・埋戻しは別途となります。

Q内部造作解体について、LGSで組んでいる天井下地の解体作業は含まれますか。

A

LGSで組んでいる天井下地の解体に要する費用は、(内部造作解体)掲載価格に含まれます。

Q内部造作解体について、トイレブースの解体作業は含まれますか。

A

トイレブースの解体に要する費用は、(内部造作解体)掲載価格に含まれます。

Q内部造作解体について、自動ドア(廃棄)の解体作業は含まれますか。

A

自動ドアの解体に要する費用は、(内部造作解体)掲載価格に含まれません。

Q内部造作解体について、洗面台の解体作業は含まれますか。

A

洗面台の解体に要する費用は、(内部造作解体)掲載価格に含まれません。

Q木造建物解体において土間の解体は含まれるのか。

A

木造建物基礎解体に含まれる。

Q木造建物基礎解体の「㎡」とはどう言う意味ですか。

A

真上から見た水平投影面積となります。

外壁改修工事(吹付)

Q既存塗膜除去(ひび割れ部の補修、下地処理は別途)について、手間のみとあるが、機械損料は含みますか。

A

含みます。材料は水だけ(現場支給)となりますので、手間のみとしております。

Q既存塗膜除去のサンダーRB種は、仕様書通りの工程ですか?(サンダー工法でしょうか?)

A

サンダー工法ではありません。サンダーをかける手間のみであり、ひび割れ補修、水洗い・清掃、下地処理は別途となります。

内装工事 集合住宅用床下地

Q乾式二重床について 、パーティクルボードの厚みはどの程度でしょうか。

A

メーカー仕様より、一般的に20㎜です。

弱電設備工事(火災報知設備工事)

Q火災報知設備の取付手間には、高所作業車の費用も含みますか。

A

含みません。

照明器具工事

Q蛍光灯は「ランプ付き」の表記あるが、LED照明器具には表記がありません。LED照明器具はランプ(発光部)を含まないのですか。

A

LED照明器具のランプ(発光部)に相当するLEDモジュールを含んでいます。

配管工事

Q配管用炭素鋼鋼管について、屋内一般の単価はありますが、曲りが多い場合はどれに該当しますか。

A

曲りが多い場合、前ページの解説にある、機械室・便所配管を見ていただき掲載の120%としてください。

Q耐火二層管の単価に、排水集合管の取付費は含みますか。

A

取付費を含んだ、手間のみになります。排水集合管の取付費は分離できません。

空気調和機器設備工事

Q全熱交換器について、床置きの単価はありますが、天吊り型の掲載はありますか。

A

公共建築工事積算基準に、床置きの100%増しとあります。掲載に明記します。

ダクト設備工事

Qたわみ継手の規格仕様にある、№○○とは何ですか。

A

接続する送風機の番手№です。

関連カテゴリ

  • 他の書籍を建設物価BOOK STOREで見る

PAGETOP