TOP > 建設FAQ > リース・レンタル

リース・レンタル

リース・レンタルの解説

Qリース期間の最短・最長リース期間について「法人税基本通達」のどこに記載がありますか。

A

「法人税基本通達」 7-6 の 2-7 に記載されています。
最短:法定耐用年数×0.7 または ×0.6
(リース物件の法定耐用年数が10年未満のものは「70%」、10年以上のものは「60%」までとなっています。なお、平成20年4月1日以降に締結するリース取引については、法定耐用年数の1.2倍とされていた最長限度が撤廃されました)

Qリース料金を算出する場合の以下の固定資産税の考え方を教えてください。 1.期中にリース契約を結んだ場合、初年度分の固定資産税の考え方 2.期中にリース契約が終了し、買取とした場合の固定資産税の考え方 (H29.2.1~H30.9.30でリースした場合)

A

1.固定資産税は1月1日の所有者にかかるため、リース開始が1月1日以前であれば初年度から固定資産税が発生します。
2.リース契約終了では、1月1日以後に終了する場合には、最終年の固定資産税が発生します。
固定資産税は、リース期間内であればリース業者が負うことになり、リース料金に加算される形となります。
ただし2月1日等、年初からのリース契約の場合、ものによっては1月1日以前にリース業者が対象物を用意する必要があります。
その場合、厳密なルールはありませんが、手数料として料金に上乗せされるケースがあります。

OA機器リース料金(パソコン)

Qサーバーを26ヶ月リースするときのリース料金の算出方法を教えてください。

A

リース期間は、最短:法定耐用年数×0.7 または ×0.6 となっています。
リース料金の算出や税法上の取り扱いもこれに準じているので、今回のように、定められているリース期間を外れる場合の計算はできません。

什器・備品レンタル料金

Q取付撤去料は取付・撤去一式ということでしょうか。

A

取付・撤去一式です。

Q1シーズン=3カ月とありますが、6カ月借りた場合、3カ月×2で積算すればいいのでしょうか。 また、その場合、取付撤去料は1回でいいのでしょうか。

A

6カ月継続でレンタルの場合、レンタル料3カ月×2+取付撤去料×1となります。

  • 他の書籍を建設物価BOOK STOREで見る

PAGETOP