TOP > 建設FAQ > 道路用材

道路用材

アスファルト混合物・再生アスファルト混合物

Q改質アスファルト合材のアスファルト添加量は何%ですか。

A

建設物価掲載のアスファルト混合物の品質・規格は、原則、舗装施工便覧に準拠しています。
密粒度13mmは舗装施工便覧にて5~7%と規定しており、改質Ⅱ型密粒度13mmも同様の添加量です。
ただし、プラントの設備、材料によって添加量が異なるため、具体的な添加量についてはプラントへの確認が必要です。

Qアスファルト合材のDS(動的安定度)はいくつ以上の数値を満足していますか。

A

建設物価掲載のアスファルト混合物の品質・規格は、原則、舗装施工便覧に準拠しています。
DSは、地区、プラントによって異なるため、具体的な数値は該当プラントへの確認が必要です。
DS値を指定する場合は、掲載価格の適用はできません。

アスファルト乳剤

Qアスファルト乳剤PK3.の比重を教えてください。

A

乳剤の比重は温度によって若干異なり、日本のアスファルト乳剤では密度に関する規定はありません。
一般社団法人アスファルト乳剤協会によると、アスファルト乳剤は石油アスファルトと乳化剤から構成されており、どちらの比重も1.0g/cm3であることから、便宜上、アスファルト乳剤の比重を1.0g/cm3とすることが多いとのことです。
一般社団法人アスファルト乳剤協会のホームページにも詳細が記載されていますので、ご参照ください。

コンクリート舗装金具・その他

Qスリップバーは防錆塗布されていますか。

A

防錆塗布されています。

車線分離標

Q車線分離標(樹脂ブロック)には製品代以外にボルト等の費用を含まれているのか。

A

掲載価格には、ブロック本体、ボル、トワッシャ、埋設用脚、本体キャップを含んでいます。
ただし、接着剤は含みません。

道路標識板

Q規制・指示標識の1.5倍とは何のことですか。

A

拡大率を表し、標準サイズと比較し、一辺の長さが1.5倍の製品のことです。
例:401~ 600□の1.5倍ならば900㎜の正方形となります。

抵抗板付鋼製杭基礎

QポールアンカーがH鋼以外(角形鋼管等)の場合、掲載価格を使用できますか。

A

H鋼以外(角形鋼管等)は使用できません。

標準型ガードレール

Qコンクリート建込タイプのガードレール単価に底付管の費用は含まれていますか。

A

含まれていません。ガードレール支柱・ビームのmあたり価格を掲載しています。

Q標準支柱よりも200mm支柱を長くする場合、「価格の適用」欄の「120mm増すごとの割増単価」をどのように計算すればよいですか。(割増単価×2の費用が必要か、または残り80mm分は割増単価を按分すればよいか。)

A

「120mm増すごとの割増単価」×2となります。(120mmに満たない場合でも、加工費用は発生するため。)

Q標準型ガードレールの取引数量に「ガードレール部材は一連21m未満」とあるが、一連の意味は複数の規格を組み合わせて21m未満であれば適用可能なのか、同一規格のみが適用可能なのか。

A

同一規格のみ適用可能である。

橋梁用車両防護柵(アルミ製)

Q「角ビーム+格子付き 高さ1,000mm」の製品は、「ビーム本数:2本」とありますが、メーカーカタログを見ると、ビーム本数が全て3本となっています。なぜ「2本」なのですか。

A

通常、ビーム(梁)に該当するのは、車の衝突荷重を受ける主要部材の部分(主要横梁・下段横梁)となります。高さ1,000mmの一番上の部分は「トップレール」(または「笠木」)で、補助部材という扱いになることから、ビーム(梁)にはカウントしていません。よって、「2本」という表記になっています。

Q掲載価格に打ち込み式アンカーの費用は含みますか。

A

掲載価格は、先施工アンカーを含む価格であり、あと施工(打ち込み式)アンカーの製品価格は含まれていません。

橋梁用車両防護柵(鋼製)

Q種別で「A(SP)」という表記になっているのは何故ですか。

A

車両防護柵自体の種別は「A・B・C種」ですが、高さが850mm以上のものは「高欄兼用車両防護柵」となるため、高欄の種別を表す意味で「SP(種)」を併記しています。

高欄(鋼製)

Q高欄(鋼製)の「めっき」と「塗装」の詳細な仕様について教えてください。

A

「めっき」は550g/㎡(HDZ55)の溶融亜鉛めっき処理を施したもの、「塗装」は350g/㎡(HDZ35)の溶融亜鉛めっき処理を行い、焼付塗装又は静電粉体塗装を施したものを想定しています。

インターロッキングブロック

Q視覚障害者用のインターロッキングブロックは透水性と非透水性のどちらですか。

A

掲載している視覚障害者用のインターロッキングブロックは非透水性を想定しています。

鋼製グレーチング(溝ぶた)

Q価格の適用欄に「受枠を含む。」と記載がありますが、この受枠は二方枠と四方枠どちらを想定していますか。

A

溝ぶたの場合は二方枠、ますぶたの場合は四方枠を想定しています。

  • 他の書籍を建設物価BOOK STOREで見る

PAGETOP