TOP > 建設FAQ > トンネル工

トンネル工

トンネル工(NATM)

Qトンネル工(NATM)で使用する「ホイールローダ・バックホウ・ダンプトラック(坑内用)」の機械損料は、「岩補正割増」をするのですか。

A

トンネル掘削工で使用する機械で、「建設機械等損料表」に“(トンネル専用機)”と記載されている機械は、岩補正を考慮した損料なので「岩補正割増」は行いません。

年度:H24

Q標準積算基準書(トンネル工)で、掘削断面の数値が中間の値になった場合はどのように適用しますか。

A

設計掘削断面積は前後中間値以上、中間値未満を表示しています。例として、設計掘削断面積70m2は67.5m2以上72.5m2未満が適用範囲です。

年度:H21

QNATM(発破工法)の吹付けコンクリート配合表(1m3当り)では、砂0.80m3と砕石0.47m3を加えるとそれだけで1m3を超えてしまいますが、それでよいのですか。

A

大きな粒子には大きな空隙があり、混合するとこの空隙に小さな粒子が入り、合計の体積は少なくなります。このため、0.8m3の砂と0.47m3の砕石を、混合すると1.0m3より少なくなります。それにセメント、水などを加えて1.0m3の生コンクリートになります。

年度:H21

Qトンネル工の吹付コンクリートの数値は、設計吹付厚及び補正係数を使って補正するのですか。

A

トンネル工の吹付けコンクリートは、補正を含んだ数値であり補正はしません。

年度:H20

Qトンネル工の覆工で使用する、スライドセントルの損料を算定する基礎価格はどのようにして求めますか。

A

スライドセントルを製作している専門業者に仕様書、図面などを提示し、別途見積を徴収して積算してください。

年度:H20

Qトンネル工(NATM)の上半、下半の数量表示は全体を表しているのですか。

A

上下半交互併進工法により上半、下半を交互に掘削する時の断面積を表示しています。

年度:H19

Qトンネル工事を計画していますが、地元の要望で24時間(2方)の工事ができません。積算基準に1方で施工する歩掛はありませんか。

A

トンネル工(NATM)の標準歩掛は、掘削は1日2方(2交替)、覆工は1日1方を標準としており、1日1方の施工歩掛はありませんので別途考慮するとなっています。

年度:H18

トンネル工(NATM)発破工法

Qインバート埋戻工の「インバート敷均し・締固め工歩掛」の10m3当りとは、使用土量と仕上数量のどちらですか。

A

インバート埋戻工(敷均し・締固め工)の歩掛は、仕上数量に対する数値です。

年度:H29

  • 他の書籍を建設物価BOOK STOREで見る

PAGETOP