TOP > 建設FAQ > 仮設工

仮設工

鋼矢板(H形鋼)工

Q鋼矢板(H形鋼)工(バイブロハンマ工・油圧圧入引抜工)で、25mを超えている場合はどのように積算するのですか。

A

鋼矢板(H形鋼)工(バイブロハンマ工・油圧圧入引抜工)で適用範囲を超えたものは、別途見積を取るなど、別の方法で積算します。

年度:H22

Qバイブロハンマ工でウォータージェットを併用する場合の、水使用量の算出方法と経費の算出はどのようにするのですか。

A

ウォータージェットで使用する水量の計算方法は積算基準にありません。使用する水は一般的に河川水などですが、上水道水を使用する場合は、積上げまたは見積などにより積算します。

年度:H19

油圧圧入引抜工

Q油圧圧入引抜工で、油圧式杭圧入引抜機の「据付・解体」歩掛は、圧入時を計上すれば、引抜き時は計上しないのですか。

A

油圧式杭圧入引抜機の「据付・解体」歩掛は1工事で機械1組につき、工事着工時には1回、現場内移設時には移設回数分計上します。よって、圧入時とは別に、引抜き時にも引抜き用の歩掛を計上します。

年度:H26

Q鋼矢板の油圧式圧入引抜工で、諸雑費算出の対象金額についての記載がありますが、このなかの賃料は、鋼矢板の賃料も含むのですか。

A

諸雑費算出の対象額は、労務費、機械損料、機械賃料及び運転経費ですので、鋼矢板の賃料は対象金額に含みません。

年度:H23

Q油圧式杭圧入引抜工で、鋼矢板の日当り施工枚数から算出した施工日数は、稼働率を考慮する必要がありますか。

A

油圧式杭圧入引抜工で、鋼矢板の日当り施工枚数から算出した施工日数は、実日数です。

年度:H21

Q油圧式杭圧入引抜工による継鋼矢板圧入単価表で、継施工費は、諸雑費率の対象額になりますか。

A

諸雑費は、「継施工に関する経費は除く」とあり、継施工費が別途定められています。したがって、継施工費は諸雑費率の対象額には含まれません。

年度:H20

仮設材設置撤去工

Q副部材(B)のブラケット、ボルトナットは、摘要欄に「1回毎全損とする。」となっていますが、使用回数:nの場合、補正率=1/2×(n+1)の補正は行わないのですか。

A

積算基準書「部材質量算出方法」の摘要欄に記載の通り、全損となります。

年度:H21

Q仮設材設置撤去として掲載の「覆工板・覆工板受桁設置・撤去歩掛」と、仮橋・仮桟橋工に掲載されている「覆工板設置・撤去歩掛」の使い分けを教えてください。

A

仮設材設置撤去に掲載の「覆工板・覆工板受桁設置・撤去歩掛」は、土留(親杭横矢板工法、鋼矢板工法)や締切などの路面覆工が適用範囲で、仮橋・仮桟橋工に掲載の「覆工板設置・撤去歩掛」は、仮橋・仮桟橋工の上部工の覆工板設置・撤去工に適用します。

年度:H21

Q仮設工の仮設材設置撤去に掲載されている「覆工板・覆工板受桁設置・撤去」の歩掛は、350m2の小規模工事に適用できますか。

A

仮設工の④仮設材設置撤去に掲載されている「覆工板・覆工板受桁設置・撤去」の標準歩掛は、設置面積700m2以下とそれを超えるものに区分されているので、この標準歩掛が適用できます。

年度:H19

足場工

Q適用範囲の記載に、「橋台・橋脚、擁壁、函渠、共同溝等の構造物は適用できない」とありますが、これらの構造物で足場が必要な場合、足場工はどのように積算するのですか。

A

「橋台・橋脚、擁壁、函渠、共同溝等」で使用する足場については、それぞれの標準歩掛等に足場工が含まれていますので、別途足場工を積算する必要はありません。

年度:H25

Q足場工の数量計算で、設置した足場の最上部に取付ける手摺は、足場工の面積に入りますか。

A

足場工の積算数量は、足場を必要とする対象構造物の「構造物の高さ×幅」で算出します。手摺は面積計算の対象外になります。

年度:H23

Q足場工の数量は、型枠面積と同じですか。計算方法を教えてください。

A

足場工の数量は、型枠面積と同じではありません。「土木工事数量算出要領」を参考に計算してください。

年度:H22

Q足場工の手摺先行型足場について安全ネットは必要ですか。特記仕様書に記載されているものと、ないものがありますがどちらが標準ですか。

A

設計書(特記仕様書など)に記載があれば積算対象であり、なければ積算しません。安全ネット有無の積算は諸雑費率の選択によります。

年度:H20

Q枠組足場の幅はどのくらいのものを標準としていますか。

A

「土木工事数量算出要領」で足場幅は、1.2mとしています。

年度:H20

Q足場工で、絶縁足場を使用した場合でも諸雑費の率を使うことができますか。

A

仮設工に掲載されている足場工は、足場材の材質が金属製(鋼製)の材料であり、絶縁足場材は特殊な足場材となり、諸雑費の率は適用できません。

年度:H19

支保工

Q支保工で、支保材設置・撤去歩掛に記載のコンクリート厚(t)より厚い場合は、どのように積算するのですか。

A

支保工にて、コンクリート厚(t)より厚く、さらに支保耐力が基準より大きい場合は、適用範囲外となります。別途見積徴収により積算します。

年度:H22

締切排水工

Q締切排水工を行う場所が点在する場合も、排水ポンプの「設置・撤去」歩掛は1工事で1回ですか。

A

締切排水工における排水ポンプの「設置・撤去」歩掛は、1箇所当りであり、工事中に何箇所も移動して、締切排水を行う場合には、1締切場所を1箇所として積算します。

年度:H26

Q締切排水工の機械運転単価表の工事用水中ポンプの指定事項に「賃料数量(常時排水)1.1(作業時排水)1.2」とありますが、運転1日当りとあるので、1日ではないですか。

A

締切排水工における実態調査の結果、運転1日当りの賃料が1.1日分もしくは1.2日分の賃料であったことによります。

年度:H20

仮橋・仮桟橋工

Q仮橋・仮桟橋工で、杭橋脚打込・引抜工の基礎杭が25m以上となる場合、「日当り施工本数」はどうなりますか。

A

杭橋脚打込・引抜長が25mを超える場合は、適用範囲外となります。別途見積徴収により積算します。

年度:H22

Q仮橋・仮桟橋工を、1スパンずつ延長して架設していく場合と、陸上で直接横から架設できる場合とで同じ歩掛ですか。陸上から直接横の場合は、仮設材設置撤去工の歩掛を適用した方がよいのですか。

A

仮橋・仮桟橋としての機能を要求されているものであれば、標準歩掛が適用できます。架設方法によって、仮設材設置撤去の歩掛を、適用することはありません。

年度:H22

Q仮橋・仮桟橋工の導枠設置・撤去工歩掛で、設置のみ、撤去のみの歩掛は無いのですか。

A

標準歩掛は、設置と撤去を合わせた場合の歩掛ですが、稀に契約方法が設置のみの工事、或は撤去のみの工事の場合は、別途見積などにより積算します。

年度:H22

Q仮橋・仮桟橋工の杭橋脚打込(電動式バイブロハンマによる施工)で「継施工が必要な場合、施工本数(N)は別途考慮する。」とありますが、どのように施工本数を減じればよいのですか。

A

適用範囲外になりますので、別途見積などによる積算になります。

年度:H22

Q仮橋・仮桟橋工の杭橋脚設置・撤去工で、地下に入らない部分のH型鋼(杭基礎形式)の設置撤去歩掛はどのようになりますか。

A

標準歩掛の適用範囲が橋脚高24m以下なので、適用範囲内ならば打込まない部分の設置撤去歩掛も、地中に打込む杭の打込み・引抜きの作業に付随するので含まれています。

年度:H20

Q仮橋・仮桟橋の適用範囲を越えた場合は、どのように積算するのですか。

A

仮橋・仮桟橋工で適用範囲を越えた場合は、別途見積などを徴収して積算します。

年度:H20

濁水処理工

Q河川工事で使用する、濁水防止フェンス工や濁水処理工の経費は、直接工事費に計上して共通仮設費の対象にしてよいのですか。

A

濁水処理工の作業に関わる直接経費は、直接工事費に計上し共通仮設費の対象となります。

年度:H19

仮設電力設備積算

Q「土木工事標準積算基準書(共通編)」に掲載の「グラフによる標準的な仮設電力設備の積算」は、土地改良工事の積算にも使えますか。また、文献として引用したいのですが他の出版物にも掲載されていますか。

A

土地改良工事の積算には原則的に農林水産省制定の標準歩掛を適用します。しかし、前記の標準歩掛に制定されていない場合は「国土交通省 土木工事標準積算基準書(共通編)」によると注釈を付けて準用使用できます。他の文献については解りません。

年度:H20

  • 他の書籍を建設物価BOOK STOREで見る

PAGETOP