TOP > 建設経済情報トップ > 土木工事 市場単価動向

土木工事 市場単価動向

土木工事 市場単価動向

当サイトのリニューアルに伴い、掲載工種の見直しを致しました。
掲載以外の市場単価については「土木コスト情報」をご覧ください。

平成30年12月調査 対象地区:東京

<価格動向[東京]>

<市況(現況と見通し)[東京]>

鉄筋工

先行き気配

川崎現行価格の維持を優先し、横ばい

 一般構造物でトン当たり64,000円と前号比変わらず。東京圏では秋以降の新規需要に乏しく、労働需給にタイト感はみられない。年明け以降も需要は盛り上がりに欠くとの見方が強く、専門工事業者は値上げ交渉を控え、現行価格の維持を優先している。総合工事業者も採算重視の姿勢を強めており、先行き、横ばい推移の公算大。

インターロッキングブロック工

先行き気配

道城値上げ交渉進展し、500円の上伸

 m2当たり4,500円と前号比500円の上伸。専門工事業者はブロック調達コストや労働者確保に必要な人件費の上昇を理由に値上げ交渉を重ねてきた。元請け業者は工事の着工や工程の遅れを回避するため、値上げ額の一部を受け入れた。オリンピック関連工事が始まるなど需給は引き締まりつつあり、先行き、強含みの公算大。

防護柵設置工(ガードレール)

先行き気配

栗原値上げ交渉難航、横ばい

 m当たり6,390円と前号比変わらず。需要は施工効率が低下する小規模工事が中心。専門工事業者は工事の小規模化、人件費の上昇、製品価格の先高観などを背景に、採算確保のため値上げ交渉を重ねている。元請け業者は一昨年にも一度値上げを受け入れており、更なる交渉には難色を示している。先行き、横ばい推移の見通し。

薄層カラー舗装工

先行き気配

堀内値上げに難色示し、横ばい

 m2当たり5,400円と前号比変わらず。自転車道、交差点進入部などの小規模物件が中心で、工事量は低調に推移。専門工事業者は、人件費上昇によるコスト増加を理由に値上げ交渉を継続している。しかし、厳しい工事受注環境にある元請け業者は、値上げに難色を示している。先行き、横ばいの公算が大きい。

問い合わせ先

一般財団法人 建設物価調査会 
調査統括部 調査統括課
TEL:03-3663-3892

  • 他の書籍を建設物価BOOK STOREで見る

PAGETOP