TOP > 建設経済情報トップ > 土木工事 市場単価動向

土木工事 市場単価動向

土木工事 市場単価動向

当サイトのリニューアルに伴い、掲載工種の見直しを致しました。
掲載以外の市場単価については「土木コスト情報」をご覧ください。

平成30年3月調査 対象地区:東京

<価格動向[東京]>

<市況(現況と見通し)[東京]>

鉄筋工

先行き気配

川崎需要は底堅く推移、横ばい

 一般構造物でトン当たり64,000円と前号比変わらず。大型道路工事や湾岸エリアの再開発関連事業を中心に、東京圏の需要は底堅く推移している。専門工事業者は、適正利益確保を理由に現行価格維持の姿勢を強めている。一方、総合工事業者も労働者確保を優先し、値下げ要求は控えている。先行き、横ばい推移の公算が大きい。

防護柵設置工(落石防護柵)

先行き気配

小野寺値上げ求めるも、横ばい

 本当たり18,500円と前号比変わらず。小規模補修工事が増加し、新設工事が減少している。専門工事業者は施工効率の低下と鋼材価格の上昇を理由に、値上げ交渉を重ねてきた。足元の需要が乏しく価格に動きはみられない。発注が本格化すれば価格交渉の進展も予想される。先行き、強含みの公算大。

道路付属物設置工

先行き気配

鵜川採算確保を優先、横ばい推移

 本当たり6,510円と前号比変わらず。需要は小規模で施工箇所点在型の維持修繕工事が中心。オリンピックに向けた道路整備で付属物設置工事が本格化するなか、専門工事業者はさらなる需要増に期待を寄せている。価格交渉では安値受注を回避し、採算確保を優先する姿勢を崩していない。先行き、横ばいで推移する公算大。

軟弱地盤処理工

先行き気配

畑尾需要低迷し、横ばい

 m当たり2,450円と前号比変わらず。軟弱地盤対策の工事量は全国的に増加傾向にあるが、SCP工法など振動系の採用は少ない。専門工事業者は人件費や燃料費の上昇を背景に値上げを打ち出したい意向を示すが、需要が低迷するなか現行価格の維持が精いっぱいの状況にある。先行き、横ばいで推移する公算大。

問い合わせ先

一般財団法人 建設物価調査会 
調査統括部 調査統括課
TEL:03-3663-3892

  • 他の書籍を建設物価BOOK STOREで見る

PAGETOP