TOP > 建設経済情報トップ > 土木工事 市場単価動向

土木工事 市場単価動向

土木工事 市場単価動向

当サイトのリニューアルに伴い、掲載工種の見直しを致しました。
掲載以外の市場単価については「土木コスト情報」をご覧ください。

平成30年6月調査 対象地区:東京

<価格動向[東京]>

<市況(現況と見通し)[東京]>

鉄筋工

先行き気配

川崎需要堅調も、横ばい推移

 一般構造物でトン当たり64,000円と前号比変わらず。東京圏では、オリンピック関連工事や湾岸エリアの再開発関連事業を中心に、需要は堅調に推移している。こうしたなか、専門工事業者は値上げ交渉を進めているが、総合工事業者は採算確保の姿勢で、交渉に進展はみられない。先行き、横ばい推移の公算が大きい。

インターロッキングブロック工

先行き気配

道城値上げ交渉進展せず、横ばい推移

 m2当たり4,000円と前号比変わらず。材料費の先高観や職人不足による人件費の上昇を理由に、専門工事業者は値上げ交渉を続けている。しかし、オリンピック関連需要が本格化し、需給が引き締まるには時間を要する見込みで、現状は工事量確保のための安値受注も散見される。先行き、横ばい推移の公算が大きい。

法面工

先行き気配

上中採算確保の姿勢から、横ばい推移

 m2当たり4,820円と前号比変わらず。需給が均衡している状況下、工事の採算を確保したい元請け業者の安値要求は厳しい。一方、専門工事業者は労務費の上昇分を取引価格に転嫁したい意向にあり、今後の工事量の動向と自社の施工能力を見極めながら、採算確保のため安値受注には応じない姿勢。先行き、横ばい推移の公算大。

橋梁用伸縮継手装置設置工

先行き気配

山本値上げ交渉進展も、強含み

 m当たり90,300円と前号比変わらず。橋梁長寿命化修繕計画に基づき維持補修工事が増加。専門工事業者は劣化の影響による施工効率の低下と、労務費の上昇を理由に値上げ交渉を重ねるが、足元の需要が乏しく価格に動きはみられない。今後、発注が本格化するとの見方が多く交渉の進展も予想される。先行き、強含みの公算大。

問い合わせ先

一般財団法人 建設物価調査会 
調査統括部 調査統括課
TEL:03-3663-3892

  • 他の書籍を建設物価BOOK STOREで見る

PAGETOP