沖縄

沖縄

当サイトのリニューアルに伴い、掲載資材の見直しを致しました。
掲載以外の資材単価については「建設物価」をご覧ください。

沖縄 4月10日調べ

<資材価格>

<市況(現況と見通し)>

レディーミクストコンクリート(那覇)

先行き気配

国仲-値上げ交渉続くも横ばい-

 21-18-20でm3当たり13,700円と前月比変わらず。2018年度の出荷量は145万8千m3で前年度比8.3%の減少。協組は昨年10月に原材料価格の上昇や人手不足による製造コスト増から値上げを打ち出し、需要家と交渉中。しかし、需要家の抵抗が強く、交渉に進展はみられない。先行き、横ばい推移の公算大。

再生アスファルト混合物(那覇)

先行き気配

岩崎-需要家の購入姿勢厳しく、横ばい-

 密粒度13でトン当たり12,800円と前月比変わらず。4~2月の出荷量は37万8千トン(協会調べ)で前年同期比21.7%の増加。那覇空港滑走路増設工事向け出荷は好調だが、一般物件に乏しく、需要環境は依然厳しい。需要家の購入姿勢は厳しく、メーカー各社は値上げに踏み切れない状況。先行き、横ばいの公算が大きい。

  • 他の書籍を建設物価BOOK STOREで見る

PAGETOP