沖縄

沖縄

当サイトのリニューアルに伴い、掲載資材の見直しを致しました。
掲載以外の資材単価については「建設物価」をご覧ください。

沖縄 6月10日調べ

<資材価格>

<市況(現況と見通し)>

レディーミクストコンクリート(名護A)

先行き気配

吉川-価格交渉に進展見られず、横ばい-

 21-18-20でm3当たり13,950円と前月比変わらず。5月の沖縄県北部地区の出荷量は、大型ホテル建設が終盤を迎え、1万7千m3(協組調べ)と前年同月比20.7%の減少。協組は原材料や輸送コストの上昇を理由に、4月から値上げを打ち出した。しかし、需要家の抵抗は強く、先行き、横ばい推移の公算大。

再生砕石(那覇)

先行き気配

岩崎-需給ひっ迫が解消、横ばい推移-

 再生クラッシャラン40~0㎜でm3当たり3,750円と前月比変わらず。那覇空港滑走路増設事業向けの出荷がピークを過ぎ、品不足は解消されつつある。原材料となる廃材の発生量が少ないため、メーカー各社は安値による売り急ぎをせず、現行価格を維持する姿勢を見せている。先行き、横ばいで推移する公算が大きい。

  • 他の書籍を建設物価BOOK STOREで見る

PAGETOP