九州

九州

当サイトのリニューアルに伴い、掲載資材の見直しを致しました。
掲載以外の資材単価については「建設物価」をご覧ください。

九州 9月10日調べ

<資材価格>

<市況(現況と見通し)>

レディーミクストコンクリート(久留米)

先行き気配

田中-安定した共販体制を背景に、1,500円上伸-

 18-18-20でm3当たり13,000円と前月比1,500円の上伸。協組は、原材料費や輸送コスト等の上昇を理由に、4月契約分から値上げを表明。安定した共販体制を背景に、強い姿勢で値上げ交渉を進めた。エリア内に員会社がないことから、需要家は安定調達を優先し値上げを受け入れた。先行き、横ばいの公算が大きい。

再生砕石(福岡)

先行き気配

田中-需給が緩和、100円下落-

 再生クラッシャラン40~0mmでm3当たり2,000円と前月比100円の下落。旺盛な建築需要を背景に解体工事は増加する一方、路盤工事は低調で製品需給は緩和状態。これを受け、需要家は値下げ要求を強め下落した。今後も大型再開発工事に伴い、原料の廃材発生量は高水準で推移する見込み。先行き、弱含みの公算大。

  • 他の書籍を建設物価BOOK STOREで見る

PAGETOP