四国

四国

当サイトのリニューアルに伴い、掲載資材の見直しを致しました。
掲載以外の資材単価については「建設物価」をご覧ください。

四国 4月10日調べ

<資材価格>

<市況(現況と見通し)>

レディーミクストコンクリート(徳島)

先行き気配

立石-現行価格を維持、横ばい推移-

 18-18-20でm3当たり14,800円と前月比変わらず。2018年度の出荷量は49万4千m3(協組調べ)で前年度比4.1%の増加。新年度に入り、市内マンションなどの民需を中心に、出荷は堅調に推移している。こうした状況下、協組は強固な共販体制を背景に現行の価格水準の維持に努めている。先行き、横ばい推移の見通し。

再生アスファルト混合物(松山A)

先行き気配

岡田-需要低迷も、横ばい推移-

 密粒度13でトン当たり12,000円と前月比変わらず。4~2月の出荷量は29万4千トン(協会調べ)で前年同期比7.1%の減少。大型物件に乏しく、荷動きは精彩を欠いている。需要家の購入姿勢は依然として厳しいが、メーカー各社は採算性の確保を理由に、現行価格を維持する構え。先行き、横ばい推移の見通し。

  • 他の書籍を建設物価BOOK STOREで見る

PAGETOP