近畿

近畿

当サイトのリニューアルに伴い、掲載資材の見直しを致しました。
掲載以外の資材単価については「建設物価」をご覧ください。

近畿 9月10日調べ

<資材価格>

<市況(現況と見通し)>

レディーミクストコンクリート(御坊)

先行き気配

田中-出荷好調のなか2,000円の値上げが浸透-

 18-18-20でm3当たり18,000円と前月比2,000円の上伸。高速道路の拡幅工事で好調な出荷が続くなか、協組はセメント価格や輸送コストの上昇を理由に、4月から値上げを打ち出した。当初、協組の値上げに需要家は抵抗したが、ここにきて安定調達を優先したことで値上げが浸透した。先行き、横ばいの公算が大きい。

レディーミクストコンクリート(田辺)

先行き気配

田中-需要家は安定調達を優先、1,000円の上伸-

 18-18-20でm3当たり18,000円と前月比1,000円の上伸。昨年度の出荷量は8万3,500m3と協組設立以降、最低の水準となった。協組は出荷減少による製造固定費率の上昇を理由に、4月から値上げを表明。エリア外からの調達も困難なため、需要家は安定調達を優先し値上げを受け入れた。先行き、横ばいの公算が大きい。

  • 他の書籍を建設物価BOOK STOREで見る

PAGETOP