中部

中部

当サイトのリニューアルに伴い、掲載資材の見直しを致しました。
掲載以外の資材単価については「建設物価」をご覧ください。

中部 6月10日調べ

<資材価格>

<市況(現況と見通し)>

レディーミクストコンクリート(岐阜)

先行き気配

駒津-現行価格維持、横ばい推移-

 18-18-25でm3当たり11,000円と前月比変わらず。4月の出荷量は5万2千m3(工組調べ)で前年同月比24.6%の増加。東海環状自動車道向け出荷に支えられ、需要は堅調に推移。今後も、岐阜市新庁舎建設や市内再開発等の大型案件が控えている。協組は結束を固め、現行価格を維持する構え。先行き、横ばい推移の公算大。

再生アスファルト混合物(名古屋)

先行き気配

遠田-需要家の購入姿勢厳しく、横ばい-

 密粒度13でトン当たり9,600円と前月比変わらず。小規模物件が中心で需要は盛り上がりを欠いている。一部のメーカーは、原材料のストアスや骨材価格の先高観に加え、輸送コストの上昇を理由に値上げの意向を示している。しかし、採算を確保したい需要家の購入姿勢は厳しく、早期決着の気配はない。先行き、横ばいの見通し。

  • 他の書籍を建設物価BOOK STOREで見る

PAGETOP