北陸

北陸

当サイトのリニューアルに伴い、掲載資材の見直しを致しました。
掲載以外の資材単価については「建設物価」をご覧ください。

北陸 9月10日調べ

<資材価格>

<市況(現況と見通し)>

レディーミクストコンクリート(南魚沼)

先行き気配

飯塚-価格交渉が進展、300円上伸-

 18-18-25でm3当たり15,500円と前月比300円の上伸。協組は本年4月に500円の値上げを表明。昨年までの値上げ未達分300円を含めて、需要家との価格交渉に臨んだ。需要家の購入姿勢は厳しく交渉は難航したが、協組の粘り強い交渉に、ここにきて値上げ額の一部が浸透した。先行き、横ばいの公算が大きい。

砂利(金沢)

先行き気配

小柳-新幹線需要を背景に、値上げ浸透-

 砂利25mmでm3当たり4,300円と前月比150円の上伸。協組は、新幹線需要に対応するための採取地の新規開発費や、運転手不足による輸送コストの上昇を理由に4月出荷分から値上げを表明。主たる需要家である生コンメーカーは当初抵抗していたが、安定調達を優先し値上げを受け入れた。先行き、横ばいの見通し。

  • 他の書籍を建設物価BOOK STOREで見る

PAGETOP