関東

関東

当サイトのリニューアルに伴い、掲載資材の見直しを致しました。
掲載以外の資材単価については「建設物価」をご覧ください。

関東 4月10日調べ

<資材価格>

<市況(現況と見通し)>

レディーミクストコンクリート(松戸)

先行き気配

長谷川-値上げ額の一部が浸透、200円の上伸-

 18-18-20でm3当たり12,000円と前月比200円の上伸。協組は原材料および輸送コスト上昇を理由に、昨年4月に1,200円の値上げを打ち出した。大型物流倉庫を中心とした堅調な需要を背景に、協組は売り腰を強め、値上げ額の一部が浸透。協組は積み残し分の浸透を目指しているが、需要家は抵抗。先行き、横ばいの公算大。

道路用砕石(横浜)

先行き気配

水野-メーカーの値上げが浸透、300円上伸-

 クラッシャラン40~0㎜でm3当たり3,900円と前月比300円の上伸。メーカー各社は、運転手不足に伴う輸送コストの上昇を受け、販売価格に転嫁すべく交渉を行った。需要家は安定調達を優先し、値上げを受け入れた。メーカーはさらなる値上げも検討しているが、需要家の反発は必至である。先行き、横ばいの公算が大きい。

  • 他の書籍を建設物価BOOK STOREで見る

PAGETOP